2017年03月



    845 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/:2014/09/05(金) 21:32:21.87 ID:Tu00y0Ro.net
    中日ドラゴンズ
    *** 2024年 某月某日 ***

    アナ:「あっと、連続の四球です。これはいけません。
        そろそろ代え時でしょうかね? どうでしょうか、解説の朝倉さん?」

    解説:「そうですね、もう限界でしょう。」

    アナ:「高橋周平ら内野陣が集まってきました・・・。
        浅尾ピッチングコーチもベンチから出てきましたね・・・。」

    解説:「森野監督が出てきました。 やはりここで交代ですね。」

    アナ:「どうやらここでピッチャー交代のようです。
        この回までよく投げたんじゃないですか?」

    解説:「そうですね。ベテランらしい、いいピッチングでした。」

    場内放送:「ピッチャー 山本昌に代わりまして・・・・・

    429 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2013/09/29(日) 20:43:06.78
    父親「母さん醤油とってくれ」
    母親「はい」
    父親「これはソースだ」
    母親「うん」
    父親「なぜ父さんがソースと即答できたか分かるか」
    母親「わかんない」
    父親「なぜなら醤油は父さんが持ってるからだ」
    母親「すげえ」
    父親「まいったか」
    母親「くやしい」
    父親「いただきます」
    母親「どうぞ」
    父親「母さんこれ墨汁だ」
    母親「まいったか」
    父親「くやしい」



    536 名前:774RR[sage] 投稿日:2013/09/16(月) 23:21:22.99 ID:y9qAb8xv
    娘誕生→看護婦に「初めての抱っこ」を怖くて断った
    1歳→全てがカワユス
    2歳→お股ポンポンしながら玄関にお迎え
       「とーしゃんおかえりー、くしゃいくしゃいのー」帰宅直後のオムツ交換
    3歳→「とーしゃんとケッコンするー」
    4歳→必ず玄関までお見送り「クルマにきをつけてねー はやくかえってきてねー」
    5歳→嫁に父とは結婚できないと告げられ
       「とーさんとおなじ人とケッコンしたいけどいるかなー?」
    6歳→朝、忘れ物を取りに戻り「はいケータイ。忘れ物ほかにない?財布はある?車の鍵は?」
    7歳→弟たちに「お父さんが働いてくれてるから、欲しい物が買える。
      ? ちゃんと言う事聞きなさい」
    8歳→娘ピアノと俺ギターで合奏
    9歳→「おとうさんみたいな男の人ってほんまにいるんかな?あんまりおらんと思う
        ってゆーか絶対おらん気がする!結婚とかいややな。ずっと一緒にいたい」
    10歳→一緒にお風呂卒業
    11歳→「何にも知らんくせに口出しせんといて!」 …orz
    12歳→寝転んでる俺を敷布団にして俺の上に転がり「重いー?いいやんたまにはwww」
       ? 野球が見れん。が幸せ。←今ココ

    来年は中学。最大のツンの季節がやってくるのだなorz


    537 名前:774RR[] 投稿日:2013/09/16(月) 23:34:30.16 ID:UIz+vky9
    うらやましい・・

    552 名前:774RR[] 投稿日:2013/09/17(火) 07:48:36.34 ID:C9PQRW0N
    >>536
    8歳がたまらんな。
    うらやましい。

    557 名前:774RR[] 投稿日:2013/09/17(火) 08:50:21.78 ID:RNwz6FFD
    >>536
    ツンの季節は最短でも嫁にいくまで、最長は死ぬまで続く



    674 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2013/10/12(土) 14:12:13.55
    6さい娘「ねえお父さん」
    俺「どした?」
    6さい娘「どうして夜はお星さまがぴかぴかしてるのにお昼はなくなるの?」
    俺「お、なかなかいい質問だね。本当はちゃんと星があるんだよ。
      でも昼はすごく明るいから見えないだけ」
    6さい娘「ふーん」

    嫁「えっっ!?そうなの!?」

    お前なあ、、、

    715 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2006/02/06(月) 15:19:39 ID:MDn0dz6x
    もう随分前の話なんだけど。

    電車に乗っていた時のこと。
    とある駅でリーゼントのお兄さんが乗ってきた。
    リーゼントは席が空いているにも関わらず、ドアのまん前に車内に背を向ける形で仁王立ち。
    どうもそれが彼のかっこよさへのこだわりらしい。
    「ドアが閉まります」
    車内アナウンスが流れてドアが閉まる。
    立派なリーゼントがドアに挟まった。

    リーゼントさんは最初はなんとか引き抜こうと頑張っていたが抜けず。
    5分後、諦めたようにごちんとドアに頭を打ち付けたきり動かなくなった。

    その後3駅停車したが、開いたのは全て反対側のドアだった。

    このページのトップヘ