2017年04月

    183 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2011/11/11(金) 10:09:20.70 ID:rhKrb2Ry
    仕事の帰りに電車の中で出くわした男女の会話。
    吊革に掴まる女(茶髪の可愛い系)とてすりに掴まる男(がっちりした体型で強面)の組み合わせ。

    女「今度さぁ」
    男「うん」
    女「CCBやろうよ」
    男「ん~」
    女「あ~、でももう寒いかなぁ。晴れてれば昼間は暖かいよね」
    男「そうだね」
    女「最近さ、家族で集まってないじゃん?だからCCBやろうよ。またみんなで集まってさぁ」
    男「みんな仕事あるからなかなかね」
    女「まぁね」
    降りる駅なのかドアの方へ歩いていく2人。
    男「どうでもいいけど」
    女「うん?」
    男「BBQな。CCBじゃなくて」
    隣のサラリーマンが爆発した。



    13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/26(金) 00:39:21.79 ID:PfXDogFA0

    女の子はスゴく我慢してる。

    「大丈夫だよ」 本当は大丈夫じゃない

    「何にもないよ」 本当は話聞いてほしい

    「元気だよ」 本当はつらい

    「なんとかなるよ」 助けてほしい

    男の子には、こういう 女の子の気持ちを 察して守ってほしい

    それだけで女の子は 幸せなんだよ。


    19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/26(金) 00:41:59.73 ID:IxBIeXTJ0

    >>13
    ヤバすぎるwwwwww



    「お客さん、どちらまで?」
    「時速40kmで走る前の車を追ってくれ」
    「事情がお有りのようですね。では、飛ばしますよ!」

    「いや、1時間半遅れの時速50kmで頼む」
    「な、何のためにその速度で?」
    「子供たちが算数を学ぶためだ」
    「まさか、あなたは、たかしくん?」

    327 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2012/08/07(火) 16:08:03.59 ID:xhKZpcq8
    >アドレナリン出てるからか思いきった行動
    わかるw

    私も暗い夜道を一人で歩いてたら後ろから人の気配がして、振り返ると今、まさしく、襲い掛かろうとしたポーズ(ファイティングポーズに近い)をした刃物を持った半裸の男がいた。

    咄嗟にガラケーから猪木ボンバイエの曲を流して(その時聴いていたからイヤフォンを外してボタンを押した)
    近所で似てると評判のゴリラの真似をしながらブラウスを北斗の拳のケンシロウばりに破いて「ウホ!ウホウホっ!ウホーーー!!」と胸を叩いて発狂したら
    「間違えました!!」と慌てて逃げていった。相手は逃げながら転けてた。

    怖かったー


    332 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2012/08/07(火) 18:24:55.87 ID:UJnInNjp
    >>327
    すげぇwww
    ずいぶん前、夜道の露出野郎に向かって「オラオラ」言いながら
    シャーペンかなんかをふりかざして撃退した喪女を思い出したw


    335 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2012/08/07(火) 18:58:06.10 ID:D7g/ZfOQ
    >>327
    ちょwwww
    最後未知やすえwwwww



    60 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2016/03/02(水) 13:16:30.96 ID:ZIO8VUb/0.net
    ■ジャニーズファンから見た、ジャニーズ所属グループのメンバーそれぞれの立ち位置


    76 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2016/03/02(水) 13:25:41.64 ID:URK/vkbi0.net
    >>60
    何回見てもマッチで笑うw

    85 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2016/03/02(水) 13:30:44.87 ID:eNi0Kz1W0.net
    >>60
    これ描いたヲタ凄い分かってるな
    ぺらっぺらの壁とかw

    853 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2016/03/02(水) 23:32:22.32 ID:WrS3mhZz0.net
    >>60
    この絵好きだわ~w
    単純な棒人間の図なのに目に浮かぶ
    これ見て中居とキンキを俄然応援したくなった

    このページのトップヘ